美しいプロポーションはヒップから!お尻ブスが急増中!M

d4b3472f695681621c3c1b9edef54eb1_s.jpg

<気をつけストレッチの基本的なやり方>
@ 後頭部、肩甲骨、お尻を壁にピッタリつけてまっすぐ立つ。
A 両手は体のわきにつけ、ピンとのばす。


B 舌の先を上あごの粘膜につけ、あごを引き、正面を見る。
C 両足のかかとをつけ、つま先を少し開く。
D 肛門をキュッとすぼめ、三分間この姿勢を保つ。


舌の先を上あごの粘膜につけるのは、あごを引くことを意識させるためです。
肛門をすぼめるときは、大殿筋を意識しながら内側にギュッと力をいれてください。
両足のかかと同士を押さえつけるようにすると、力をいれやすくなります。


気をつけストレッチを続けていると、正しい姿勢を体が学習して、自然に正しい姿勢を保てるように
なります。姿勢がよくなると、背筋が伸びてバストアップし、お腹も引っ込んできます。
また、お尻の丸みをつくる大殿筋が鍛えられるので、お尻に適度な筋肉がつきます。


そして、丸みのある引き締まったお尻になります。
扁平なお尻は丸く盛り上がり、大きくてブヨブヨしたお尻は引き締まってきます。
また、骨盤を鍛える効果もあります。


若い頃は筋肉が重力に対抗していますが、衰えてくると中心部も下垂し、肛門が開いてきます。
気をつけストレッチは、骨盤を内側方向に引き上げて肛門を締めるので、尿失禁を防ぐなどの
効果もあるのです。


なお、気をつけストレッチを行う場合は、食事をした直後はさけてください。
食べたものの消化、吸収が妨げられます。
食後二時間たてば、いつ行ってもかまいません。


すべての体操にいえることですが、いちばんよいのは朝起きたときや寝る前など、行う時間を決めて
習慣化することです。
慣れてきたら、立っているときにいつでもしてくださいね


〜お尻美人なりたい〜

タグ / ストレッチ

美しいプロポーションはヒップから!お尻ブスが急増中!L

d4b3472f695681621c3c1b9edef54eb1_s.jpg

姿勢をよくしてお尻に丸みをつける「気をつけストレッチ」
お尻を鍛える三分体操は、三種類あります。
いずれも簡単な体操で、いつでもどこでもできて、しかもお尻を引き締める効果は絶大です。


<気をつけストレッチ>
● 主に鍛える筋肉=大殿筋
● おすすめの人=ペチャ尻、デカ尻、ネコ背


まず最初は、背筋を伸ばして気をつけの姿勢をする「気をつけストレッチ」です。
気をつけの姿勢はいちばん簡単で、効果的に鍛えることのできる運動です。
正しい姿勢で立つだけで、鍛えることになるのです。


気をつけストレッチでは、とりわけ上体を支える大殿筋が集中的に鍛えられるため、
お尻がキュッと引き締まり、ハリがでてきます。
試しに、気をつけの姿勢をしてみてください。


背筋がピンと伸びるだけでなく、お尻がキュッと締まるのが分かるでしょう。
気をつけの姿勢をすると、大殿筋だけでなく、背中やお腹、太ももやふくらはぎなどの筋肉が
まんべんなく使われます。


そのため背筋がまっすぐ伸びてお腹が引っ込み、バストやヒップが上がって足もスラリと伸びます。
美しいプロポーションは、正しい姿勢なくしてはつくれないのです。
正しい姿勢をきちんとできる人は、意外に少ないものです。


自分ではまっすぐ立っているつもりでも、背中が丸まっていたり、あごが突き出ていたりして、
人から見るとなんともぶかっこうな形になっていることが少なくありません。
この気をつけストレッチで正しい姿勢をしっかり覚えてくださいね。


正しい姿勢が身につけば、普段の生活でも正しい姿勢で立ったり座ったりでき、
自然に鍛えることができます。
その上、プロポーションもとてもきれいに見えるようになります。


気をつけストレッチh、気をつけの姿勢をしながらお尻を引き締めるストレッチです。
大殿筋が集中的に鍛えられて中殿筋も鍛えられ、さらに背中やお腹、太ももの筋肉も強化されます。
美しいプロポーションを保つ基本のストレッチといってよいでしょう。


〜お尻美人になりたいより〜

タグ / ストレッチ

美しいプロポーションはヒップから!お尻ブスが急増中!K

d4b3472f695681621c3c1b9edef54eb1_s.jpg

お尻の筋ボケ度の判定
それでは、あなたの筋ボケ度がどれくらいか判定してみましょう。
筋ボケチェック1・2を試して、


@ お尻も太ももの内側も硬くなった人
  あなたは筋ボケ度ゼロ、合格です。
  体が鍛えらていて、申し分のない筋力の強さを維持しています。


A お尻が太もものどちらか一方しか硬くならなかった人
  あなたは筋ボケ度一で、すでに筋ボケを起こしています。
  お尻もかなりたるんでいるはずなので、三分体操を始めてください。


B お尻も太ももの内側も硬くならなかった人
  あなたは筋ボケ度二で、重度の筋ボケです。
  いますぐにでも三分体操を始めて、お尻の筋肉を鍛えてきださい。


さて、あなたの筋ボケ度はいかがでしたか。おそらく筋ボケ度ゼロの人は少なく、ほとんどの人は、
一か二だったのではないでしょうか。でも、あきらめることはありません。
これから三分体操を行えば、どんなに重度の筋ボケでも改善します。


〜お尻美人になりたいより〜

タグ /

Return to page top

スマートフォンアプリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。